美味しいマイタケの選び方

  • カサは茶色く肉厚である。密集していて触ると折れそうなものがよい
  • 茎の部分はくっきり白いものがよい

まいたけを漢字にすると「舞茸」。カサがのヒラヒラした部分が「舞っている」ように見えるという説と、かつては希少価値の高い幻のキノコと言われていたので、見つけたら舞い踊りたくなるほど嬉しいという説もあるそうです。味も香りも良いので食卓に並べば心も舞い上がれそうですね。

加熱しても歯ごたえは残るので、天ぷらや鍋・煮物・炒め物など幅広く調理できますし、秋田の郷土料理きりたんぽに欠かせない食材の一つです。

栄養面ではβ-グルカンという腸内活性化、免疫力を高めてがん細胞の増殖を抑える多糖類が含まれており、ビタミンB1ビタミンD食物繊維も豊富です。

 

マイタケの旬
9月11月

マイタケの保存方法

ビニール袋やラップに包んで冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。使い切り目安は3~4日です。

まいたけは水気を嫌うので、水滴などには注意して下さい。水滴が付いている場合はキッチンペーパーなどでやさしく拭き取りましょう。

天日干しする場合はカットしてからザルに並べ、乾燥してから常温保存ができますし、干したものは香りがさらに良くなります。