美味しいピーマンの選び方

  • 皮は肉厚でピンと張りがあり、緑が鮮やかでツヤがあるもの。
  • 指で軽く押して、弾力があるもの。
  • より鮮度を高いものを選ぶなら国産で、住んでいる地域のより近い場所で収穫されたものがオススメです。

ピーマンの中には栄養がたっぷり。ビタミンCは加熱しても失われにくいので、炒めて使っても大丈夫。

ビタミンA、C、Eもたくさん含まれ、香りのもとになっているピラジンは血が固まるのを防いで、血栓を予防します。カロテンも豊富に含んでいるので、ガン予防にもいいと言われています。

ピーマンの旬
4月9月

ピーマンの保存方法

ピーマンは水分を嫌うので、水分は拭き取り袋に入れて野菜室の冷蔵庫へ。

何個かまとめて保存する場合は、1個腐ってしまうと他に移ってしまうのでなるべく早く使い切りましょう。